愛がある 確かに愛だ 表現にルールはない

"Hello!Projectの1stアルバムにハズレ無し"の持論を持つ緑♂が勝手に選ぶ、《好きなHello!Projectの1stアルバムBEST10》
(ただし順位無し)

★ファーストタイム (モーニング娘。
言わずと知れた伝説の始まり。
"全曲歌詞見なくても唄えるんじゃないか⁉︎"と思うぐらい聴きまくった。
"つんく♂ってこんなに才能ある人だったのか!"と感じたし、モーニング娘。は信じられるアイドルだと感じた。

★TANPOPO 1 (タンポポ
当時のつんく♂のハイレベルな音楽性をこれでもかとばかりに打ち出した一枚。
派生ユニットのアルバムとしても初めてだったので、衝撃的でした。 オリジナルメンバーのタンポポの底力。かなりの聴きごたえ。

★マッキングGOLD① (後藤真希
"大好きなごっちんにたっぷり浸れる贅沢な1枚が、ついに出た!"と感じました。
1stはパワフルさが出てるかなー。

★ファーストKISS (松浦亜弥
これも相当聴きまくりました。いい曲ばかりで、個人的に思い入れも強いアルバムです。
やっぱし、ぁゃゃはソロアイドルとして歴史に名を残せる人物。

★MIKI① (藤本美貴
日本屈指•唯一無二の歌声を誇った 美貴様 の1stアルバム。
今 聴いても全く色褪せない、素晴らしい一枚。

スイートルームナンバー1美勇伝
なぜか(?)かなり聴きました。 非常に特徴的(褒め言葉)な歌声を活かしきり、高級感すら感じさせるところが凄い。

★キューティークイーンVOL.1 (℃-ute
大好きな村上愛もいたオリジナルメンバーの℃-uteの集大成。
これを聴かずして、℃-uteを•Hello!Projectを語れるわっきゃない(z)

Cafe Buono! (Buono!)
"つんく♂無しだからこそ出来た"クオリティだとも思うし、"この3人だからこそ"のバランスだとも思う。
絶妙。

★ドリムス。① (ドリーム モーニング娘。
"モーニング娘。の曲をモーニング娘。OGがカバーする"という史上まれにみる偉業。
オリジナルを含みながら、「みかん」や「SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜」といった、"このメンバーで聴いてみたかった曲"が聴けるのが嬉しい。

★First Squeeze! (Juice=Juice)
つんく♂楽曲の1枚目•"つんく♂後"の2枚目で、ハローの新たな可能性を見出した作品。
つんく♂無しでもここまでやれるクオリティになってるのは、クリエイター達が"Hello!Projectの1stアルバムの歴史に恥じない一枚にしよう!"と一生懸命作り上げたからだと思う(持論)

「1st GAM 〜甘い誘惑〜」(GAM)とか「悪ガキッ①」(S/mileage)とかもかなり好きなので、選出迷いました(^^;

しかし、これほど長きにわたって魅力溢れる音楽を提供してくれるHello!Projectって、やっぱし偉大。

どういう結果が待っていようとも こんなに夢中になれることなんて これからの私にあるだろうか?

《8/30の現場》
乃木坂46 真夏の全国ツアー 2015」
天気が悪くて•••。
雨の野外は大変だな、って印象とともに、正真正銘"いつもと違う"ひとときだったのは間違いない!

【本日の好印象曲BEST10】
10:もう少しの夢
なーちゃんは唄が上手くない。
しかし、雨に濡れながら、一生懸命唄ってるなーちゃんの姿に、心打たれました。
9:無表情
だいぶ予習しといた甲斐がありましたw
からあげYeah!
8:魚たちのLOVE SONG
まいまい、まいやん様、ななみん、かずみん という強力な布陣。
雨に濡れて唄う姿がセクシーでした。
7:ガールズルール
乃木坂46の"夏ソング"ではこれが一番スキ。 やっぱし、まいやん様って凄いんだなぁ。
6:制服のマネキン
なんか、一番、"キター!"ってカンジがしたのは、この曲だったりする。
5:ダンケシェーン
とにかく楽しかった。 ひたすら楽しかった。 ぜひこの曲は、定番にして頂きたい。
4:羽根の記憶
"新•三大 乃木坂46の泣けるナンバー"の1つ。
とても聴きたかった曲なので、よかったです。
3:命は美しい
乃木坂46の王道路線たる曲と思わせといて実はかなり激しく踊っている。
この曲もやはり、なーちゃんのひたむきさに眼を奪われる。
2:君の名は希望
"新•三大 乃木坂46の泣けるナンバー"の1つ。
いくちゃんのピアノ、そしてオーケストラ。夢のようなひととき。
1:悲しみの忘れ方
"新•三大 乃木坂46の泣けるナンバー"最後はこの曲。
本編ラスト。もう、涙腺崩壊なのであります。
早く音源化してほしいなぁ•••。

▼そういえば、アルバムの曲、1つも唄ってない! 「透明な色」って何だったの⁉︎
▼映画(悲しみの忘れ方)とドラマ(初森ベマーズ)という最新トレンドをしっかり押さえとかないと、ちょっと着いていけない可能性がある。
▼けっこう不利な席ではありましたが、ライヴの醍醐味は味わえたと思います!
▼さゆにゃん、堀ちゃん、さゆりんごが個人的にはかなり目立っていました。
3人に共通して言えるのは、"リベンジ"。 偶然ですが•••。
松井玲奈への卒業サプライズの件で時間が長くなった気はしますが、松井玲奈乃木坂46に多大なる功績を残した偉大なメンバーなのでやむを得ない。
こういうかたちでちょっとでも今日が松井玲奈の卒業の日だというコトを記せただけでも、よかったと思います。
▼まさか雨が降って"寒くなる"とは予想もせず•••。 何事も段取りは重要、ですね!(^^;
▼ご一緒したMACKさん、今回もありがとうございました。

BLOG移転ぽいお知らせ

「緑♂のトビラ」はau ONEブログに移設みたいなカタチで楽しくマイペースに更新しております。
今までアクセスカウンターの見方が分からず、いまひとつ面白みを感じなかったんですが、やと見方が分かったので、より意欲的に更新できるんじゃないですかね。

で、タイトルを変えました。

「緑♂のトビラ II’」(ストIIっぽくね)
改めて、よろしくお願いします。
http://blog.auone.jp/midori510/

緑♂のスピリットはまだ消えてないぞ!!

お知らせ!

ケータイを使ってよりアグレッシブに更新するために、
ケータイ版の「緑♂のトビラ 2」を作りました。
名づけて「緑♂のトビラ 2compact」


URLは↓
http://blog.auone.jp/midori510/


早速HIGH and MIGHTY COLORの現場レポとかいろんな曲評とか書いてるので、興味があったら覗いてみて下さい!!

よく歩いてます。

■今度引越してきたのはさいたま市北区の某所なんですが、この辺はやけにかわいいコが多いです。
なんか大宮のちょっと北あたりにはかわいいコが多いらしいです。大宮自体にはそんなにかわいいコ多くないです。


《明日の馬券作戦》
毎週やってますがw たまには競馬予想UPするか
フィリーズレビュー
◎エイムアットビップ
A Song for ××
エイシンパンサー
レジネッタ



「青春のカスタード」(音楽ガッタス
昔のSMAPの曲みたいなアレンジが面白いですね。こういう曲調は好きです。
イントロがカッコイイです。それからヴォーカルにおいては、よっすぃーが非常にハマってます。

毎日毎日!日進町

引越し&インターネット接続の変更が完了しました!!
意外とスムーズにいったのではないかな。
初めてCATVというものをやってみていますよ。
前の環境が光だったから、どれぐらい通信速度が落ちるのか、まだちょっと恐いトコがありますが、まあ、前が良すぎたと思って(^^;



ジンギスカン」(Berryz工房)
ダンス☆マンのさすがなアレンジが堪能できるのはいいのだが、なんかなぁ・・・。
芋洗坂係長の素晴らしい替え歌の前ではただのカバーは物足りないのでゎ(ノ∀`)
これを出すなら、サウンド的に大きくリスペクトされた「恋のダンスサイト」が存在する意味が分からんし。
おまけにももちの声が生かされてないし(ノ∀`)
まあ、ジンギスカン食べてビールでも飲みながら聴けばよいのでゎ。


「抱きしめて...涙」(音楽ガッタス)
とにかくかっこいい曲。思いのほか渋い。味がある。
もう少し英語詞を増やしてもよかった気もしますね。
特別、快活で力強いヴォーカルでもなく、メンバー的にもよっすぃーまのえりがいるコト以外 素晴らしくもない音潟。しかし、「1st GOODSAL」を聴いて、“なるほど!”と思わされました。
全編にわたり“ひたすらファンク寄り”。このドッシリ感は、脚がウリの音潟ならでは、といっても過言ではないと思います。

恋してる限り 凸凹だらけ

《本日の現場》
「Buono!「恋愛♥ライダー」リリース記念イベント」
なんと驚いたことに5ヶ月ぶりのハロの現場ですよ。
ももちの豪腕ぶり・ももちの白い太股・ももちの余分な動き・ももちの無尽蔵のスタミナ・そして心にビィ〜ンと響くようなももちの声。やはりももちは変わらずプロでした。やはりこの惑星の嗣永桃子は、萌え。でした。


まず自分のコトですが、ぜーんぜん体動かせませんでした。5ヶ月ぶりというコトだけじゃなくて、この「恋愛♥ライダー」という曲、全然シングルVとかも見てなくて、初めてダンスを観たんですよね。


メンバー別の久々な印象ですが、
あいりさんは無駄な動きはしないでどっしり構えて、伸びのあるヴォーカルで魅せてくれました。
みやびはしばらく観ないうちにいちばん顔つきが変わった印象。「じゃなきゃもったいない!」の唄い回しは秀逸でした。こういう曲はお手の物だね。
ももちは落ち着きの無さがもぉホントにたまらない。そして下半身の肉づきが美味そう(マテ)


やっぱしとても重要な握手会という戦についてですが、東京コースを苦手としている(らしい)相方はキビしい結果に。
奇しくも私が連番になったのも“位置どり”に微妙に関係していたのか・・・それは不明ですが。
私はももちとъ( `∀゜)こんなことしてて意外とねばって、萌え萌え感を引っ張ってみやびを見事にスノレーして、前を行く相方に“余裕”を持たせたつもりだった。しかし、前が思っていた以上に詰まってしまっていて、相方は“出足がつかなかった”といった様子・・・これゎ、拍子抜けでした。


私としてはものすごく久々にアイドルを観て触れた(爆)というのと、相方と連番できたということで、けっこうテンション上がりました。
相方(飽くなき挑戦を続ける戦士)、お疲れ様ですた。



「恋愛♥ライダー」(Buono!)
分かりやすく、それでいて“引っ掛かり”もある。
ホントのじぶん」があまりにもイイ曲だったので心配された2ndでしたが、これが“Buono!クオリティ”というものかと、感じさせられる曲です。
個人的には、サビの“青春の荒野を走れ”のトコのギターの入り方がかなりカッコよくて好きです。